Windows Live Messenger

Windows Live Messenger 2012 16.4.3503.0728

FacebookなどのSNSとも連携したMicrosoftの王道メッセンジャーソフト

Windows Live Messenger2012(ウインドウズ ライブ メッセンジャー 2012)は、Microsoftによる最新のメッセンジャーソフトです。2012年8月にリリースされたWindows Essentials 2012に含まれるアプリのひとつであり、世界中で多くのユーザーに利用されている定番のメッセンジャーソフトといえる存在です。
完全な説明を見ます

賛成票

  • すっきりとしたインターフェイス
  • フェイスブックとの統合
  • ビデオ会話のウィンドウが新しくなった

反対票

  • 前バージョンと比べ大きな変化はない
  • ウィンドウがやや大きくなった

とても良い
8

Windows Live Messenger2012(ウインドウズ ライブ メッセンジャー 2012)は、Microsoftによる最新のメッセンジャーソフトです。2012年8月にリリースされたWindows Essentials 2012に含まれるアプリのひとつであり、世界中で多くのユーザーに利用されている定番のメッセンジャーソフトといえる存在です。

[PR]期間限定でタイプ カバーが無料

**********************************************************************
【News】2012年11月6日、Microsoftの「Skype」部門は、2013年第1四半期にWindows Live メッセンジャーをSkypeへ統合すると発表。メッセンジャーのアカウントやコンタクトリストは引き続きSkypeで利用可能とのこと。
http://www.microsoft.com/en-us/news/presskits/skype/Default.aspx(英語)
Skypeのダウンロードはこちら
**********************************************************************

Windows Live Messenger2012のインターフェイスはWindows Live Messenger 2011とほぼ同じで、大きく変わった印象はありません。すっきりとしたウィンドウは、オンライン上の「知り合い」の表示画面と会話画面により構成されています。基本的な使い方も同じく、他のユーザーを「知り合い」として登録して、会話画面を使ってテキスト・音声・ビデオ会話によるコミュニケーションを行います。ただビデオ会話のアイコンは新しいものになり、ビデオ会話を受信するとSkypeのように新しいフローティングウィンドウが表示されるようになりました。

Windows Live Messenger2012はまた、前バージョンと同じくFacebookやlinkedlnなどのSNSと連携させることが可能です。「知り合い」の連絡先をSNSから読み込めるほか、SNSや動画サイトに投稿されたメッセージ・画像を一つのウィンドウでまとめて見ることができます。メッセンジャーという枠を超えてインターネット上での人と人との繋がりを模索する試みは、変わらずユニークな点です。

Windows Live Messenger2012の残念な点は、ウィンドウのサイズがやや大きくなり、他の作業の邪魔になる場合があることです。設定を変えれば小さい画面サイズに変更することができますが、少し面倒に感じるかもしれません。また起動時にさまざまな機能を読み込むため、メイン画面が表示されるまでに少々時間がかかりります。なお、Windows Live Messenger 2012はWindows Vista以降のOSの対応になっており、それ以前のOS向けにはWindows XP用にWindows Live Messenger 2009が公開されています。

Windows Live Messenger2012は、世界中で利用されているMicrosoftの最新メッセンジャーソフトです。ボーダーレスにさまざまな人と繋がりたい時に、間を取り持ってくれるツールと言えるでしょう。

Windows Live Messenger

ダウンロード

Windows Live Messenger 2012 16.4.3503.0728